河原医療大学校 新居浜校は修学支援制度の認定校です。
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
背景色
音声読み上げについて

学科ブログ

SCHOOL BLOG
2019.06.14IT・Webシステム科

雷とITその2

先週の続きです。

先週UPSは「突然の停電に備えて、サーバなどの機器に停電時も一定時間電気を供給できる装置」と記載しました。ではUPSで稼働できる時間はどのくらいを目安にしているでしょうか?

①コンピュータの電源の代わりとして使うため3日以上

②システム管理者がサーバなどがある場所へ駆けつけるまでの半日程度

③コンピュータの電源を正常に切る(シャットダウンする)までの数分~数時間程度

④瞬間的に停電して復帰するまでの1分程度

 

 

正解は・・・③です!

停電時にUPSから電気の供給が続く間にシャットダウンが終わるよう、時間を見積もってUPSを用意します。UPSメーカーや型番、接続している機器の数・電気容量により持続時間(バックアップ時間)は変わりますので、UPSの選定にもエンジニアの知識・経験が必要となります。

ITにまつわるいろんな知識を持ち、業界で活躍するエンジニアを目指す先輩たちが待っている、当校のオープンキャンパスにぜひ遊びに来てください!!